スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申し開き

traders swimming pool
トレーダーズのプール。朝8時から泳ぎました。水が冷たいよ朝早いと。

占いのことを書いたら実母から強烈なダメ出しが。
いわく、「心配性は絶対に当たっていない。心配性が国際結婚して海外でのほほんと暮らしているわけが無い」と。


母上、手相ってもんは変わるそうです。
この地に何年も住んでいると、「大丈夫でしょ、どうにかなるよ」と思っては到底暮らせません。
日本ではしなくて済んだ心配を日々しているわけです。
人がやってくれる、なんて信じているとえらい目に遭います。

というわけで、人を信じない、とか、心配性、という手相のラインはマレーシアで、特に職場で培われたものではないかと思っております。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KLで、私はのほほん~~っとしていたと思っていました。

しかし!東京に戻ってきてから気が付いたのが・・・。

KLでは話す相手が異民族(外国人)=何を考えているかわからない。話がちゃんと通じているだろうか。どうなるかわからない。

というようなことが潜在的にあって、話をする時は何度も確認をするし、よく伝わるように心を砕いて、ストレートに話もする。

という事をしていたんだな・・・と。

東京に帰ってきて、「これは大丈夫だろう。」と思っていることが全然そうなっていなかったり、思いのほか裏表があったり、日本人は外国人より扱いにくい・・・とあらためて勉強しました。

っていうか、日本人だから・・・という甘い考えは通用しないということが分かりました・・・。

ということで、『心配性』『常に確認』『思ったとおりに行かないかもしれない』というのは確かにマレーシアで培われたディフェンス対策かもしれません。

が、日本でもそれが必要だということが・・・。

そうそう、手相はかわるねえ。

手相は今の時点ではそうかもしれないけど、変わるから。

だいたい、気持ちのもちようなもんで。 ポジティブにいきているマツムラサンは、大丈夫だよん。

>クミコさん
こんだけNo problem, lah!にやられまくっていると、どんだけ楽天的な人間でも慎重にならざるをえないですよね。
日本とか日本人は、最終的には帳尻を何とか合わせてくれちゃう、というようなところがあるように思っていましたが、あまりそういうわけでもないんですね。
やっぱり慎重にやって損することはないんですね。(嫌われるけど(爆))

>ももこさん
変わる、のなら、なにか節目節目で観ると面白いかもしれませんね。
私はそんなにポジティブではないんですけど、いい加減ではあります。(だから心配性ではないんですけど、心配は仕事でたくさんしてます)

ダジャレ図鑑

今日の遺言 from 北斗の拳

みんなはどこから?

プロフィール

マツムラ○

Author:マツムラ○
マレーシアに住んでン年のOL(?)。

同居人;-
夫 アヒルさん
子供は女の子ばかりで上から
 あーちゃん
 いーちゃん
 うーちゃん
飼い兎 ポチ ←過日、他界しました。裏庭に埋められてます。
2代目 チョコボ ←10年8月にやって参りました。

ひとりごと
最近の記事
最近のコメント
お手紙はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
日田んもん点取り占い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。