スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいお年を

いやはや12月に入ってからが早かったです。あと数時間で新年です。
のんびりネットなどしていますが、眠くてたまらないので、この後シャワーを浴びたら多分新年を待たずに気絶すると思います。あーあ、でもきっとあちこち花火や爆竹でうるさいんだろうな。

我が家は水まわりがあちこち漏れていたようなので、現在修理中。
ついでにトイレのタイルを張り替えることになり、ならば便器ももう少しきれいなものに、じゃこれにあわせて手洗いのシンクも新しく、と大変なことになってます。
修理は中国系、ガテン系兄ちゃんが独りで黙々としかしものすごくすばやくやってくれてますが、彼らの新年はあくまでも旧正月なので、明日(1月1日)も来て働いてくれるそうです。
それにしても、お金が飛ぶわ~

1年間、拙ブログにお越しいただき、ありがとうございました。
コメントやメッセージをくださった方、重ねて御礼申し上げます。

来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

松村智子
スポンサーサイト

今日のトリ

todays bird
黄色いのでキーちゃん  ←センスねー

やっぱりね

アヒル&子供達は25日から2泊3日でJBへ行きました。
私は明日(26日)が出勤日なのでお留守番です。いぇいっ!
12月は1週目以外、週末アヒルと過ごしたことが無いわ。超気楽♪
だけど、うるさい娘3人がいないと、なんだか妙なもてあまし感が。



で、Ikeaに参りました。わたくし、独りショッピングとか大好きなんですよ。
アヒルはせっかちな割には買い物も一緒に行きたがるんですけど
私は自分が見たい物、買いたいものをゆっくり見るのが好きなので
そして、興味の無いものは極力見たくないので、←超わがまま
特にIkeaみたいな場所は独りに限ります。

で、クッションだのシーツだの、一個RM3.50(100円)の壁掛け時計だのを購入。
本来の目的は、デジピア用のスツールでしたがそれも無事に購入。
で、家でさっそく組み立てましてね、プラスドライバーでネジをくるくると
まわしてとある部品をネジつけていたんですけどね、

tsurutsurukugi
このツルツルのネジクギはないでしょうよ。さすがメイドインチ●イナ。

トリが戻ってきた!

なにやら、アヒルの喫煙所にまたゴミがぶら下がり始めたようなんです。

gomi futatabi


しばらくしたら、くちばしに何かゴミとか羽とかくわえた黄色い鳥が現れました。
suzukuri now
(すいません、動きが速くてぶれてます)
これ、去年と同じ鳥かもしれません。

あ、ハリラヤの電飾ですが、相変わらず、です。果たして電気がつくのか、わかりませんが、とりあえずぶら下がってます。



おまけ
最近お気に入りの観葉植物
nettaishokubutsu
左側の葉、葉の模様がうっすらピンク色なのが珍しいなぁと思い買ってきました。真ん中に丸い花が咲いてます。
右側はなぜか葉っぱに穴が開いている植物。昔住んでいた場所に自生していたのを引越しのとき(って10年以上前)に鉢植えにして持ってきたものをまた植えなおしたりしたものです。結構長生き。世話していないのに元気。

申し開き

traders swimming pool
トレーダーズのプール。朝8時から泳ぎました。水が冷たいよ朝早いと。

占いのことを書いたら実母から強烈なダメ出しが。
いわく、「心配性は絶対に当たっていない。心配性が国際結婚して海外でのほほんと暮らしているわけが無い」と。


母上、手相ってもんは変わるそうです。
この地に何年も住んでいると、「大丈夫でしょ、どうにかなるよ」と思っては到底暮らせません。
日本ではしなくて済んだ心配を日々しているわけです。
人がやってくれる、なんて信じているとえらい目に遭います。

というわけで、人を信じない、とか、心配性、という手相のラインはマレーシアで、特に職場で培われたものではないかと思っております。


トレーダーズホテル KL

今週も金曜日はイスラム暦正月で休み。土曜日は私は出勤でした。
アヒルは友人(♂)とサバ州の友人宅に招待された、とかで金曜から2泊3日でお泊り。
さぁ私はいつリベンジを果たそうか。

まぁアヒルがいないのは気楽でよいですが、どこにも結局旅行していないうちの三人娘がかわいそう、という名目と、それじゃあ自分は思いっきり気持ちのよい週末を、ということで、KL市内のホテルを急遽予約。しかも、KLCCが部屋からきれいに見える部屋、ということでトレーダーズのパークビュールーム(ツインタワービュールームともいいます)、クラブフロアを押さえました。いえぃ!
KLCCへも無料のシャトルカートが出ていてなかなか便利です。
クラブフロアのラウンジでアフタヌーンティーなんて、生まれて初めての体験です。
おまえら贅沢だぞっと子供に言ったりしていますが、ここでお腹が膨れれば実は経済的。


じゃじゃ~ん♪ どうよこの景色!
KLCC



本来の目的はプール!だったのですが、なんと! 普段の行いがきれいに反映されて、午後は降ったり止んだり。しかも、止んだタイミングでよしっ!今だっ!とプールに行こうとしたら、あろうことかうーちゃんが水着を置き忘れ。
あぁあ…
さっき、無料シャトルに乗ってKLCCの百盛へ行き、水着を買ってきました。ったく金かかるなぁ。
明日は7時に起床して朝食取ったらすぐに泳ぎに行きいます。朝なら雨は降らないであろう。



ホテルの部屋はそれほど広くありませんが、エクストラソファーベッドを準備してもらいゆったり寝られます。うーちゃんが1台のベッドに独りで寝る、とごねてますが、聞いてません。あなたはあーちゃんとシェアしてください。
風呂も非常に気持ちよかったです。水圧がうちの風呂とは全く違う。あぁ マッサージ効果。
アメニティーもラベンダーの香りのシャンプー&コンディショナー。バスソルトもついてまして、いまでも身体がほかほか。部屋の温度もきちんと設定できます。(古いホテルだとどんなに布団を重ねても凍えてしまうホテルが多い)

笑っちゃったのは、あちこちの扉を開けて、あ、アイロン台が、あ、ドライヤーが、と言っていたいーちゃん。
あ、オーブンがあるっ
oven
どうしてここにオーブンと思いますかねあなたは? セーフティーボックスでんがな。


占い

お友達(日本人♀)がお勧めの占い師に会ってきました。セントラルマーケット内にいる、マスター・チン です。

ま、ちょいと思うところがあったのですが、too personal な部分は省くとして、全体的なことをば。
ちなみに、私は「友人に勧められたことがあるので」とは言いましたが、ほかは何も自分のことは話していません。
まず、紙に名前と生年月日を書きました。
28歳と逆算したいところでしたが、ここでサバよむわけにもいかないので実年齢を記入。

両手を机の上に置き、親指をたてるよう言われます。

「あなたの人生は乱高下が激しい。しかし、非常にラッキーな星の元に生まれている。堕ちるところまで堕ちたら、だれか必ず救い上げてくれる人がいる。うん、ラッキーだ」

との事ですが、非常にラッキーかは微妙。非常にラッキーというのはなだらかな右肩上がり人生を言うのではないでしょうか。いえ、別に突っ込みませんでしたが。
これを聞いて思い出したのが、数年前、勤務先の社長とけんかして会社辞めた時、すぐに私を雇いたい、と申し出てくれた人がいたこと。それが今はなきサンツアーの元社長ですが。
サンツアーも斜陽、時間の問題で崩壊、という時期に(崩壊するであろうとは当時気づいてませんでしたが(爆))、旅行業としては超安定と言っていい今の会社に引っ張り込まれたのもこれにあたるのかな。

その後、手を組まされたり、手の甲を机の上に置いてみたり、指をそらしてみたり、いわゆる手相・顔相を観たり、ということをしてくださいました。

言われたことを簡単に列挙してみようと思います。あ、マツムラ○の性格なんて興味ねーという方はここから先は読まなくていいです。

● 人を信じない。いつもなにかが心配。満ち足りている時(物質的・精神的 どちらとも)にもそれに満足して幸せになることはない。心配性。

 ⇒(マツムラ○感想) 上方志向は強いのかなぁ。でも、隣の芝生は青い…と
           不満になることはないけれど。
           いつも心配なのは仕事のせいかもしれない。
           結局自分がやったほうが!ということには
           事欠かないし、団体手配の時はいくら入念に
           準備しても入念過ぎる事はない、という
           環境だからか。

● 独立心が強い。支配的な側面がある。人の言うことを聞かない(アドバイスに耳を傾けない)。意思が強い。
  人を支配しようとするが、人はそのままではついてこないので、後ろからうまくコントロールするほうが向いている。
 ⇒ かなりあたっているかも。でも、支配的だったかなぁ。

● 非常に頑固。議論でも絶対に負けない。負かされそうになると別の議題で勝ちに行く。
  嫉妬心がたいへん強い。不信。
  かなり強い性格だが、情にほだされやすく涙もろい側面もある。
 ⇒ はい、負けるとわかっている戦いはしないです(笑)
   「嫉妬心」に関しては、別の友人で 四柱推命を読める
   お相撲オタク(なんだ?)が、同じ事を指摘してました。
   嫉妬心はあまり強くないけれど、ものすごく勝気で
   あることを伝えてみましたら、女性の勝気は
   「嫉妬心」として占いには出てくるのだとか。

● わがまま
 ⇒ わがままは我がままだけれど、すごくがつくほどかなぁ、と
   思ったら、上記の「強い意志」ともつながるけれど
   「自分がこうしたい」と思ったら完遂するまでやりぬく、と
   言われました。そういう部分、あるかも。

● とてもprotective。自分の感情を見せない。愛が他人に伝わることなく、自分の中で自己満足な愛に終わってしまう。
 ⇒ 勝気なところとつながっているのでしょうね。

● クリエイティブ
 ⇒ それは感じたことがなかったので、
   「ほんとそうですか???」と質問。
   図画工作などより、机でのお勉強の方がどちらかというと
   得意だったのだけど、
   「新しいことを考え出したり、ものを書いたり、なども
   クリエイティビティーだ。そういう才能がある」
   とのことですので、今後も調子に乗ってブログの更新に
   勤めたいと思います 
                 ↑
         おだてられるとどこまでも登る猿体質

● 勉学に秀でている
 ⇒ 学歴で頭のよさを測るのであれば、まぁ最終学歴は大卒。
   ですが、勉学と「頭の良さ」は違うものなのは、
   自分でもよくわかってます。
   でも、高等教育の機会をくれた両親や、到達するまでの
   周りの環境にも今は感謝してます。
   昔は「なんでこんなにテストと試験ばっかりなんだよーーー」と
   思っていましたが。

● 家庭はおだやか

● 長生き

● 自分に自信がある。よく笑う


ここまでも十分驚いているのですけど、一番驚いたのは、額を見て

● 子供が3人

と言い当てたところです。しわが3本あったのでしょうか。

このほか、タロットでもっと内容を絞って運勢等を観てもらうことも可能です。
もっと細かいところも指摘されて、「をを! 当たってる!」ということも「そうかなぁ」ということもありました。
そうかな、と思った内容にも、後日、「あ、当たってた」と思わされつ内容もありました。
深層心理的なところにあったものが、手や顔に出ていたのかもしれません。
占いを観てもらうのは初体験でしたが、とても興味深かったです。

FRIMのつり橋 3

急な山道を1往復半。やっとこさ入手したチケットを差し出して、
やっとこさつり橋を渡らせてもらえます。ぜーーはーー
ちなみに、チケットは子ども(~12歳) 1リンギ。学生 3リンギ。
大人はローカル 5リンギ、外国人10リンギ、というわけわからん値段設定。
私はローカルプライスで購入したのでここでは文句は言いませんが。

さて、つり橋はまとめて渡ることはできません。
ひとつの橋には最大5人まで。しかも前の人と3m以上の間隔が必要です。
当然、揺らすな跳ねるなよりかかるな、の注意もありました。

FRIM Canopy Walkway 3nin
まずは、山小屋から3mほど進んだ地点の3人をば。

渡る人々。
こういうときだけいーちゃんはとっとと行くんだなぁ。
FRIM on the canopy 2

FRIM on the canopy1

FRIM on the station
何箇所かステーションがあり、そこからの眺めもすばらしいです。

いや、これスリリングですわ。
マジで揺れるんですよ。
私の後ろは白人さんが渡っていたのですが、身体そのものがでかいじゃないですか。
揺れる揺れる


渡り終わったら、滝のほうに出る山道を降りました。
すっごく急なんですけど
FRIM Waterfall trail


滝つぼになっている場所もありましたけどね、
そこにたどり着いたら、わたくし、貧血起こしました。
写真撮ってません。
水は冷たくて気持ちよかったです。
水に触ろうとしゃがんで、あー冷たい気持ちいい♪と
言いながら立ち上がったら血の気は立ち上がりませんでした。

しばらく休み、来る時に立ち寄ったガソリンスタンドの売店で買った
スナック菓子食べて、飴をなめたりしたら立ち直りましたけど。

もっと根性あったら、もう少し急勾配を降りると
ピクニックエリアがあったようです。
そこまで行かずになだらかな坂をゆるゆると下りていきました。


分岐点まで戻った場所の休憩所で一休み。
FRIM restng hat


昼食は下のカフェテリアで取りました。
まずそうに見えましたが、おいしかったです。まぁ空腹だったってのもありますが。
フツーのマレー料理ですので、マレー料理そのものがだめな方は
おにぎりやサンドイッチ等持参されることをお勧めします。

おなかも膨らんだところで、みやげ物屋前の池でやってるフィッシュスパに
足を突っ込みました。
20分2リンギ、という破格値だったのですが、
たぶん、魚にえさをやってるんですよヤツラ。魚、たくさんいましたけど
だれも角質ついばんでくれませんでしたから。ったく


とまぁこんなダラダラと書いた(うちにとっては)珍道中を
お読みいただいた方、どうもありがとうございました。
個人的には日本の父母が元気なうちにまた来てくれたなら
ご案内したいと思います。(天気がよくて根性あれば)


一応、申し開きをしておくと、FRIMや蛍はアヒルにもさんざん行きたいと
言っていたにもかかわらず、「遠い」の一言でかわされていたもので、
アヒルへのあてつけに行ったのではなく、そういう文句を言うアヒルがいない時に
わざわざ出かけてあげているものです。良妻だね。←自分で言うな
なので、あーいーうーがエキサイトして語った後に俺も行きたいとか
言い出しても、そのときには付き合ってあげません。
どこが良妻だか

FRIMのつり橋 2

さて、下から分岐点まで約15分の上り坂。その後の急勾配をえっちらおっちら登ること20分か30分。
やっとこさ、つり橋の出発地点までたどり着きました。

FRIM resting
途中で休憩していたあー&うーにやっとこさいーちゃんが追いつきました。

FRIM Canopy Walkway Hat
こんな山小屋チックな建物。
ものすごい急勾配な階段を登ります。


係員「チケットは?」
私「は? チケット? 無いよ」
係員「チケットない人は渡れない。どうしても渡りたかったら買ってきて」
私「どこにも売ってなかったけれど」
係員「下のみやげ物やが売り場だからそこで買って来て」
私「えーーー ここまで子ども連れて登ったのにーーー
  ここで払うから渡らせてよーーーー」
とまぁ散々ごねたのですが、頑として渡らせてくれませんでした。
だいたいさぁぁぁ ここがスタート地点なのだから、ここでチケット売ればいいじゃん?


とりあえずこの急な階段を降りて、今回は諦めましょうか、という話をしてみます。
まぁ当然ですが、えーーー という反応。
じゃぁもう一度振り出しに戻ってチケット買う?
いやいや、いーちゃんがそれは無理。
あーちゃんもかなりだれてます。
また別の機会に来よう、という私に
あー「だけど今日はものすごくいい天気だよ」

そうなんですよ。雨が続いているときは、この急な山道がぬかるんでたいへんだ、と
会社の人が言っていた記憶があります。だから晴れててよかったね、と道中話していたのに。

しゃあない、じゃあ元気なうーちゃんとママが下までチケット買いに行ってくるよ。

登るときもたいへんだけど、降りるときもすでにひざやふくらはぎが笑ってます。
うーちゃんっ ピョンピョン調子よく飛び降りてくんじゃないのっ! 転ぶでしょっ!
こら、下り坂だからって走るなっ!

FRIM Canopy Walkway Reminder
ぼけてて見えないけれど、Tickets can ONLY be obtained at the souvenir shop ときちんと書いてありました。
っつうか、もっとわかりやすく書けっ! しかも、道中数箇所に書いとけっ!
そもそも、一番最初の上り口にも、こっちがつり橋、という標識はあれど、
そんな注意事項書いてないし。
ほかの人たちは何で知ってたんだろう。
自分の不注意は完璧に棚に上げています

しかも、降りたところでみやげ物やは容易には見つかりません。
二人に聞いたもんね。わかりやすく書いとけーーー

そして、再び上り坂。
坂に関してはうーちゃんより私の方が、たぶん歩幅が広いせいか早いんですよ。
しかし、いったん山道に入った途端、グングンと差をつけられます。

FRIM u-chan sakiikune
ママーー 先に行くねーー

FRIM yamamichi
すでにうーちゃんの姿が見えません。

FRIM yamamichi2
え゛ーーー またこれ登るのぉ? しかもうーちゃん、とっくに先~に行っちゃってるし。


土産物屋を探したり、チケット買ったり、の時間を入れると往復1時間半。
待っていたあー&いーもかなり暇だったらしいですが、
持参した飴だのチョコだの食べてすっかり休憩し、
私の到着時にはすっかり元気になっていたのはいいことです。
それにしても、息が上がりました。ぜーーーーーー


というわけで、さんざ疲れたところで本日はおしまい。
ハイライトはまた明日  長いよ



FRIMのつり橋

この週末は三姉妹にもう一箇所、行ってみようか、と言っていた場所がありました。
ひとつは、昨晩の蛍狩り。もうひとつはFRIM(森林研究所)のつり橋。
なかなかスリリングで面白いとは聞いていましたが、今まで機会がなかったもので。
昨晩、慣れぬ道で結構疲れていたので、止めようかな…と思っていたのに
寝坊すけのいーちゃんが直々に起こしに来たので、うなりながら起床しました。
道、といえば、スランゴー州の道って、デコボコだわ線は見えないわ街灯暗いわで運転しづらいことこの上ないです。

FRIMはKepongとかSelayangとかいった方面にありまして、Klangの我が家からはかなり遠いのですが(片道50km)、日曜朝ということもあり1時間以内に到着。
そういえば、皆さん、お水は必携ですよ、水! ものすごく汗をかきますから、ちびりちびりと飲みながら登りましょう。

FRIM blue sky
抜けるような青空



FRIM big leaves
登り始めてすぐ。葉っぱ、でかくね? 
(サイズ比較はわたくしの身長157cmを気持ち超えたあーちゃん。
葉っぱが傘になりそう)


一番下から緩やかな坂道をグイグイと登ること約15分。
つり橋への分岐点です。
FRIM Canopy Walkway signboard

ここから、たったの500m、上に進めばつり橋があるらしい。
かなり急勾配ですががんばろうではないですか。
実はですね、この板に、きちんと注意事項書いてあるんですけどね、
誰一人読まないのは、血筋なのでしょうか。
己を振り返れば、業界人としてどうよ、とかなり反省するのですけどね。

後でどんな目に逢うか露知らず、えっちらおっちら登ります。
うーちゃんは一番小さいのに身軽な身体でドンドコ登ります。
あーちゃんは「あー疲れたーー」と言いつつも、うーちゃんと
一緒に登れるパワーはあるようです。

で、いーちゃん。「疲れた~~~」「怖い(足元が)~~~」と言いつつ
ノッタラノッタラ。
置いていくわけにも行かないので、私が最後尾に
FRIM i-chan
写真撮るときは笑顔になるんだな。
ほかの二人が写っていないのは、当然すでにかなり前方に進んでいるからにほかなりません。

長くなったので、続きは明日~ まだあるのかっ

蛍狩り

本日は12月中唯一のオフ土曜。朝からパサタニ行って1週間分の食材買い込んだり、先般ネット輸入したものが引っかかってたカスタムをクリアするためにLCCT前の郵便局行ったり、と、かーなーりー忙しくすごしました。いつも隙あらば寝ているわたくしですが、やろうと思えばできるんじゃん。カスタムは日本人だと思って賄賂要求とか嘘こかれるのがイヤで、あーちゃんを引っ張っていきました。税金請求されなかった(これがまっとう)

夜は、3姉妹に約束していたクアラスランゴーの蛍見学。
私自身はトレンガヌで2度ほど見て、初めてのときはあまりの美しさにクラクラとしたものです。
本日、天候快晴。月も新月に近くなってきているし(船に乗ったときは月は見えず、よろしかったです)
満潮でもあり、本当にきれいに見えました。
(干潮だと蛍が散らばってしまうが、満潮の時は水上のマングローブの面積が小さくなるので、まさに「群がる」状態になり、より美しく見えます)
空は満天の星空。
あえて比較すれば、トレンガヌで去年の5月に見たときのほうがきれいでしたが、ここもどうして。
マレーシアのKL近郊にお住まいの方は、在住中にぜひご覧ください。
たとえどんなに精緻な映像であったとしても本物には負けます。
スクールホリデー中の土曜日、ということで混雑を覚悟してましたが
スランゴー州三連休中日のためか、逆にぜんぜん待ちませんでした。
ボートに乗って約30分のリバークルーズ。
マングローブに群がって精一杯光る蛍はくどいようですが感動的です。

ちなみに、ファイヤーフライパークリゾート併設のボート乗り場とカンポン・クアンタンの
ボート乗り場の2箇所ありますが、本日参りましたのはファイヤーフライパークの方。
ウェブサイトの日本語版は必見です。
わたくし、仕事中に見たのに腹がよじれました。
http://www.fireflypark.com/japenese/intro.htm

暗くなる直前に着いたので無理はしませんでしたが、できることなら夕食は河岸のシーフードレストランをお勧めします。うちの会社のツアーも別の場所を使っているのは知っていましたが、時間と地理に不慣れな関係でこのリゾートのシーフードレストランで夕食としました。
素材がフレッシュで救われたのですが、味付けは濃くてしょっぱいわ甘いわ、だし、出てくるのが遅いわ、でここのレストランは正直勧めません。
どこかの会社のツアーでここに連れられてきていた日本人女性グループもいましたが、やっぱり多少高くてもうちの会社のがツアーに乗ったほうがいいよやっぱり、などと思ったり。

夕飯がちょっと…でも、メインの蛍がきれいに見られたので満足満足♪

firefly park

準備段階

12月11日(金)はイスラム教のなんかの日だとかで、スランゴー州をはじめとするいくつかの州は祝日です。都会の人間であるKL人のわたくしは働くんですけど。都会の人間だから仕方ない。都会だし ←くどい っつうか、ただの都会で働く田舎もんですがなにか?

で、田舎で働く田舎モンである夫のアヒルは金~日が三連休だとか。どこかいく? と1ヶ月ほど前に聞かれましたが、アヒルと旅行するのがすでに面倒くさい以外の何物でもない、むしろそんな金と時間の無駄は避けたいわたくしは生返事を返しておりましたら、「友達とプーケッとに行く」とか言い出しました。ほんとに行くらしいです。男友達4人と、計5人で行くらしいです。カメラ持参なので多分本当でしょう。どんだけその男友達もいい歳して暇なんでしょうか。それともおめでたいのは私だけなのでしょうか。たとえ後者だとしても勝手にすれば~くらいしか感情が湧かないのがアヒルにとって哀れです。
明朝7時の便なので5時にLCCTに着くためには4時に出なければならない、だから会社のそばの友人宅に泊まる、と前泊までしやがってます。んなもん4時に出りゃいいじゃん。私が出張の時は5時とか4時半とかにきっちり出勤しましたけどね。理屈がわからん。ちなみに復路も日曜夜11:30着らしいです。だったら日曜も会社のそばで泊ってそのまま出勤すればいいのに。帰宅何時よ? 真夜中に帰宅されても睡眠が妨げられて迷惑だわ。

いえ、別にいいのです。ATMカードは私が握ってますし、元気に出勤さえしてくだされば。
平日夜中までカラオケに行ったり、日曜だというのに友達と映画見に行ったり、子供の塾の送迎を人に押し付けて友達の送迎だとかで変にウキウキとLCCTに行ったりしても、全くかまいません。たとえその、「なんであんたが送迎? 便利屋?」みたいな事のために、私が残業が押して夜道をスピードリミットそこのけですっ飛ばさなければならなかったとしても。夜中に友達に呼び出された、とかでどこかに出かけていったこともありましたが、どーぞご勝手に。
怒らないの?とおずおず聞いてきたりしましたが、むしろでかけてくれてありがとう、くらいの心境です。これからもどこかに元気よくおでかけして、出勤だけはきちんとしてください。

ひとつ言いたいのは、


わたしが同じことするときも一切文句は受け付けません!



ここで、実績つんどいて、来年はわたくしも遠慮なく遊びに出たいと思います。イエイッ

アモダビル(勤務先)のクリスマスツリー

xmas tree amoda bldg09
アモダビルのクリスマスツリー
今年は例年より30cmほど低い

エコロジカルクリスマスツリー@イオン・ブキッティンギ・クラン

年末セールも始まっていることだし、相変わらずアヒルはいないし、で
我が家の女子4人(この女子の中には当然わたくしも含まれてますがなにか?)
お買い物にレッツゴーーー!

というわけですが、普段すでにKLに疲れちまっているので
たどり着いた先はいつもの近所のイオンでごぜーます。
まぁ都会に行ったところで、売ってるもん、同じだしさ。
マレーシアって、これでもかっ! とショッピングセンターやモールを
ここ数年つくり続けてきたけれど、中身は大小の差はあれ
どこも同じだよね。
どうしてもあそこでなければっ!というようなSCは少ないし、
そもそもブランド物に興味が無いので、別にパビリオンにいかなkれば
ならない理由も見つからない。

で、娘3人&自分でものすごい散財したわけですよ。
アヒルがいない、というのは、ショッピングタイムにプレッシャーを
かける奴がいない、ということで、まぁ買い物に満足は
するのですが、金は出る出る。
うちのティーンが「これじゃなきゃ!」とか言うし。
財布のキャッシュは減ってないけれど、来月のカードの請求書がこわい。


さて、昨今、出かける先でクリスマスツリーを撮り続けているわたくしでございます。
あちこちのブログ等で、「クリスマスツリーの前で写真撮るほっかむりしたムスリム、
宗教的にはどうよ」といった突っ込みを見かけますが
宗教的にどこが問題なのかさっぱりわかりません。
クリスチャンだってクリスマスツリーを信仰しているわけではないでしょ?
たとえ寺の前で写真撮影したって没問題。
教会の前もしかり。
でも日曜礼拝に参列したらそれは問題でしょうけれど。

で、クランのジャスコ、というか、ジャスコが入っているイオンですが、
今年はいい仕事してます。

Xmas Tree Jusco
青と白できれいだわ、と思って近づいてみましたら、



Aeon MD
なんとリサイクルのペットボトル製。the tallestというのは、どこの中で一番高いんでしょう? ギネスに載る?
ちなみに高さ15mだそうです。


recycle bottle tree
あ、ほんとだ、ペットボトルだ。青いランプは青色ダイオードでデコレーションもエコですね。





egg case tree
これはメインではないほうのコンコースにあったもの。
なんだこの地味なツリーは、と一瞬思ったのですが、



egg case tree 2
ををっ! これは、卵を30個いりで販売するときの卵用トレーリサイクルですな。
しかも、雪だるまの鼻とかオーナメントも雑誌かなにかをリサイクルしてますな。


景気のせいか、今年はショボ目のツリーが多い中、どうせしょぼくするなら
リサイクルでやってしまおう、という目の付け所がよろしいです。
やるじゃんクランのイオン。

やっぱり自転車の籠が好き しかもあーちゃんの

noni in basket
隣家の猫、ノニ。この前取り替えたのでいーちゃんの自転車の籠も
丸まり心地はあーちゃんの籠と変わらないはずなのに、
やはりあーちゃんの自転車の籠が好きらしい。
何よそのこだわりは?



その目の先に見えるものは

girl by eli
まだ描きかけだそうです。明日には出来上がってるのかな。いーちゃん画
(絵とフレームの間に新聞が見え隠れするのは、まだ乾かしている最中だから)

ッスことば

それにしても、最近、大雨が多いっす。

というような、何かというと語尾を「ッス」で締める若者言葉(?)が日本のマスメディアを席巻して日も(というか年月レベル?)経ってますが、ついにこのマレーシアのクランくんだりまでやってきました。個人的には意地でも使わない、と強い意志で美しい日本語の保持に努めているのですが ←どこが?

マレーシアで放映中の日本語アニメでそれが出てたらしく、ある日帰宅してみるとあーちゃんが
「はいス」
とか
「ワタシ知ラナイヨす」
とか
(私「ママのはどこ?」に対して)
「ココヨす」
とか、もーわけわからん言葉が氾濫してます。
ただでさえ日本語ヘンなんだから、それ以上ヘンにするなっちゅうに ←だから全然美しくない

ややこしいことに、外国人にとって「っ」はやっかいらしく、一文字分止まるのを一文字分我慢できず、半文字分、とか、1/3文字分、とかしか止まらない、というのはうちの娘だけにとどまらずどこの外国人にも見受けられる現象で、意味さえわかればそれはそれで構わないとも思うのですが、「っす」を単純に「す」にされちゃうと上記のようにホントわけワカメです。
せっかく日本語話そうってところに水をさしたくは無いけれど、耳障りだから止めてくれ~~~っ!

ダジャレ図鑑

今日の遺言 from 北斗の拳

みんなはどこから?

プロフィール

マツムラ○

Author:マツムラ○
マレーシアに住んでン年のOL(?)。

同居人;-
夫 アヒルさん
子供は女の子ばかりで上から
 あーちゃん
 いーちゃん
 うーちゃん
飼い兎 ポチ ←過日、他界しました。裏庭に埋められてます。
2代目 チョコボ ←10年8月にやって参りました。

ひとりごと
最近の記事
最近のコメント
お手紙はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
日田んもん点取り占い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。