スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーとピンク

先般、会社をサボって日本からのお客様とシャーアラムをうろつきました。


blue mosqueブルーモスク
いつもきれいだなとは思いますが、写真を撮ることって無いんですよね考えてみれば。
さらに、わざわざモスク内に入るなんて事は、こんな機会でもないとありません。
受付で来客用頭巾とガウンを借りて(無料)、いざ内部へ。

blue mosque kairou回廊


お祈りの場所は男性、女性と分かれてまして、男性が回廊のある階。女性は脇にある細い階段を上っていったところにあります。3階だった? 4階? 忘れましたけど、お年寄りには辛いですね。

ドームの内側。お祈りの文言とおぼしきモノが描かれています。タイルかなぁ。きれい。うっとり。blue mosque dome uchigawa


内部から見たステンドグラスblue mosque stained glass



美しいです。静かです。
あっちにはお祈り後でしょうか、ゴロンと昼寝しているオバちゃんがいます。
お祈りしてとりあえず煩悩をおいはらったところで、涼しいモスクでお昼寝。
さぞかし気持ちいいことでしょう。



blue mosque sampah 「ごみを捨てるな」
どこにでもいるんですね、不心得な輩が。
こういう場でごみを捨てるってどういう心がけよ。

そういえば、義妹がうちに泊まりに来る時にいつも不思議に思うのだけど、
化粧時に使ったようなクシャッと丸まったティッシュをどこにでも投げ捨てとくんですよ。
一人だけかと思ったら二人とも。
で、ゴミ箱使えよバカ、と毎度毎度毎度毎度思うのですが、
きっとモスク内でもそういう輩が後を絶たないんでしょうね。
あぁマレーシア。


さて、さっきの回廊まで戻ってきてから判明したのですが、
観光客は階段から先へ進んではいけません
よい子はまねをしないでくださいまし。
男子お祈り部屋入り口には「ここからさき信者のみ」みたいな張り紙あったけれど、階段のところには無かったもんね~。貼っておいてよ、次から上らないから。 ←なんでも人のせいにするわたくし

観光客目線で見ると、マレー人って人懐っこいですよね。
モスクのあんちゃんは一通り、どこから来たかという型どおりの質問をし、
写真撮影を申し出てくれます。どうも。
で、人懐っこいのはいいのだけど、おせっかい。
アッラーがなんたらだの言い出して、どうも私にとってはうっとうしい。
それを日本人友人のために訳せとな。大きなお世話じゃ。

女子お祈り部屋を見に行ったことに対して非難を含んだ口調だったものの
私、信者だし~ 信じているかどうかは別として
と言ったら、態度が180度軟化。
その後、子供は?学校は?どこに住んでるの?
の質問攻めに答えていたら、次の質問は

「電話番号教えて。」

近くに行くことがあったらもっとイスラムの話をしたいとか言っていたけれど
断るっ


青いモスクを見たら次はピンクでしょってことで、プトラジャヤへもご案内しました。
そういえば、ピンクな映画もブルーフィルムって言うしね。
    どうしてモスクからそっちへ話が流れるのかわかりませんが
雨が降り出したので、一番いいアングルはご案内できませんでしたが
一応、実物をごらんいただけてよかったです。
pink mosque


 ブルーモスクやピンクモスクですが、滞在日数が限られている観光客にとっては
 非常に不便な場所にあります。
 旅行会社が出している、オプショナルツアーへ参加されるのがよろしいかと思います。
 お勧めの旅行会社は横のメールフォームからご質問いただければ
 別途回答させていただきます。  ってここで仕事してるし


余談ですが、夜はポートクランへ参りました。
夜から参加の友人様が道に迷っている間、久しぶりにきれいな夕焼けを鑑賞できました。
Port Klang Sunset
真正面に沈む夕陽。刻一刻と変化する空と雲。
会社員な日常ではなかなかお目にかかれません。
機会をくれたあっすぅさんとはゆちゃん、どうもありがとう。
そして、友人様、迷ってくれてありがとうございました(笑) 

10枚くらい撮ったけれど、これが一番好きPort Klang Favorite Sunset



スポンサーサイト

Pulau CareyのKg Orang Asliへ踏み込んでみる

Pulau Carey、確かに反対側まで行けば海があるのはわかったけれど
どうも足をぬらすのもためらわれる色をしていたので
海水に触って戻ってきました。水がぬるかった。@午後3時半


さて、もうひとつの目的地は、オランアスリ(原住民)の村です。
外国人の私からすれば「マレー人だって原住民じゃん」と思うのですが、違うそうです。


入り口みっけた☆Pulau Carey Kg Org Asli カンポン オランアスリ スンガイブンブン ですとな。訳すと「ブンブン川 原住民村」ってところですね。村っていうか、居住区って雰囲気かな。「ハンディクラフトセンター」の看板も取ってつけたように立ってるし。

で、メインロードからはいって約100m T字路の正面
Pulau Carey Kg Org Asli Sign Board どちらに行けと?


ぜんぜん当てにならない勘で右に行きましたが、今日は当たりましたよ今日は。
しばらく行くと、UMNO(現与党(かろうじて))のマークがついた工事中の札に「オランアスリ会館」と銘打った立派な建物が聳え立ってました。マレー的な建築様式の入れ物で、うまく使われたら本当によいと思います。出来上がった後もちゃんとメンテしろよ、メ・ン・テ。マレーシア人が一番苦手な項目らしいけれど。なぜその画像が無いかというと、帰り際に撮ろうと思っていたら、そのときに階段に座って和んでるおっちゃん3人がおり、ちょっと撮影しそびれちゃいました。


っていうか、部外者の私、こんなところを走っていていいのでしょうか?
ちょっと走ると、左手にこぎれいな小学校が
右手には機能しているか定かではないハンディクラフトセンターの看板が。
Pulau Carey Handicraft Ctr

敷地内は清潔に保たれてました。公衆トイレとかも備えていたので
来客用に使っていたと思われます。
木工製作所? Pulau Carey kibori うわぁすごいの見っけ!

そして、敷地内にあった祠。写真撮影してよかったのかなぁ。

どうよこのプリミティブさ。Pulau Carey hokora


祠の反対側の住居。オランアスリのかたがたは、大体こんな雰囲気のところにお住まいでした。
Pulau Carey Rumah Orang Asli
この真正面の木は、何の木なんだろう???


このあたりで車をUターンさせ、ゆっくりと戻ります。
よくよく見ると、木工所みたいなものが。
兄ちゃんがなにか造ってるぞ!
Pulau Carey mokkoujo

兄ちゃんの邪魔をして聞いたところによると、政府の補助でこんな感じのコウバ(?)がこの地区に11個できたそうです。裏に昔使っていたという、手作り感のつよい、オオカミが吹いたらとんでっちゃいそうなコウバっぽいものも残ってました。政府の援助でこういうものが造られて、彼らの生活に役立っているのはうれしいですね。税金払うモティベーションもあがるというものです。どうせ天引きされるんだけど。

Pulau Carey Congkak
つくりかけのcongkak(チョンカッ)のボード 赤い色味の木ですね。

できかけの立派な会館は、完成予定はたぶん来年。製品のギャラリー、来客時にオランアスリの伝統舞踊を披露したりなどに使われる予定らしいです。これが出来上がったら 「遠足プロジェクト」 に使えるのかしらん。


木をくりぬいて造ったcongkakとか(重くて気軽に運べない)、やはり木をくりぬいた彫刻の像とか、彫刻の蜘蛛(うらにマグネットが埋め込んであった)などを見せてもらい、お礼にキーチェーンを娘sに選ばせ買って帰ってきました。
帰りは結構早かったです。
ToshibaとNECの工場からプラウケリー入り口まで約5km。そこから海まで約15km。
オランアスリのカンポンと島の入り口が約10kmといった感じでしょうか。
こんな近場に別世界が!という驚きの午後でございました。

Pulau Carey

ディーパバリの三連休時に、どこにも行かず家でゴロゴロしていた旅行会社員で~す。紺屋の白袴で、自分の休みの手配、面倒くさくてしょうがない。

とはいえ、3日目にもなってくると家でゴロゴロも飽きるので、Pulau Carey(こっちの人の発音ではプラウ・ケリー と言っているように聞こえます。同じスペルでもマライアの場合はキャリーになるんでしたっけ? まぁいいや、ご当地ブログってことでここでは「ケリー島」ってことにしておきます)へ行ってきました。
Jalan Klang Banting(最近はJalan Langatに名前が変わったらしい???)をずんずん南下すると、工業地帯が見えてきます。右側にはToshibaとNECがここでも仲良く並んでます。で、この会社に来客があると、他にお客様をお連れできるような場所も無いので 「プラウケリーのシーフードにでも行くか」という話になります。実際にシーフードレストランがあるのは半島側で、泥を含んだ見た目きれいでない海の向こうがプラウケリーです。先の工業地帯から約5kmかな。 

本日のデスティネーションはその2軒あるシーフードレストランを両側に見ながら橋を渡った、本当に島の内部。聞くところによると、オランアスリ保護のため、島外の人は事前に許可を取らないと入島できないということですが、実際はいかに?



すんなり入れましたが。



個人的に見たかったものは、 と ハンディクラフトセンター
島というからには、島の果てまで行けば海が見られるはずですが、本当に見られるのでしょうか。
ハンディクラフトセンターは、その存在を聞いたことはあるものの、入島制限のあるようなところで普通にモノが見られるのかはなはだ疑問ではあります。オランアスリが木を彫ったり切り抜いたりしていろいろ作っている、という噂ですが真相はいかに。
というか、途中で捕まったりしないよね?



道はまっすぐ続きます。まっすぐ続きます。まっすぐ続きます。Pulau Carey ikumichi
♪ほぅら~あしもとを見ぃ~てごらん♪♪ほぅら~前を見てごぉ~らん あれが~あなたの未来~♪


来た道を振り返ってみるPulau Carey kitamichi

本当に海に着くのでしょうか・・・ 一応Pulau Carey Pantai こっちに行けば「ビーチ」という看板を信じているんですけど、マレーシアのサインボードほど信用できないものはないし。

Pulau Carey fuukei いーちゃんが車窓からパチパチ撮ってました。何を写したかったんでしょう。

Pulau Carey Sime Darby factory ん? 工場?

サイムダービー社のバイオディーゼル工場でした。工場見学したいっ!Pulau Carey Sime Darby Sign
ちなみにこの島の大部分は油やしのプランテーションで、その所有はサイムダービーです。
ってことは、島全体がサイムダービーのもの? 
途中にちんけなゴルフ場もありましたが、あれも社員用?




こうやってかなり走ったら

Pulau Carey Sea  泥の海
マラッカ海峡ですから仕方ないですかね。周辺もマングローブだから泥っぽくなるはずですわ。



ん? Pulau Carey Swimmer 泳いでる



Pulau Carey beach

Pulau Carey 3sisters 記念撮影。
ハンディクラフトセンターを探すたびは続編をどうぞ。長すぎだよっ

ファンフェア(移動遊園地)

世界で3番目に大きなJUSCOの裏には巨大な駐車場がありまして、開店1ヶ月くらいの土日祝祭日はそこまで満車なほどの集客力だったのですが、最近はガラ~ンとしてます。
そこに、やってきましたっ 移動遊園地!

funfair
こっちの人はファンフェア(Fun Fair)と言ってます。英語でもそういうのでしょうか。
アヒルはあーちゃんにファンフェアのフェアのスペルを
F A R E
と教えたことがあーちゃんの口より明らかにされましたが、
それは航空運賃(Air Fare)のフェアですからね。
いい加減なことを教えないように。
ファンフェアのフェアはマッタフェア(MATTA Fair)のフェアの方ですから。


そして、ファンフェアは夜から営業です。昼間は暑いから。
funfair kanransha観覧車
その昔、まだマレーシアに移り住んで間もない頃に住んでいた家の裏の空き地にファンフェアがたったことがあり、冷やかしに行った事があります。観覧車に乗って怖い思いをしたのはアレが最初で最後です。今回は乗りませんでした。やっぱりいろんな意味で怖そうでしたから。

あーちゃんといーちゃんがまずはフリーフォールへ。funfair a i freefall

うーちゃんは身長制限にひっかかりました。残念。好きなのにね。
フリーフォールといえば、アヒルの学生時代の友人が
「おっかなかったぁぁ。あれ、何度も何度も上下に動くじゃんっ
 3度だけだと思ったのに」
とわけわからんこと言っていたから何かと思ったらこのアホな友人は
スリーフォール」
だと勘違いしていたそうです。違うがな。
funfair freefall何度でも落ちてくるフリーフォール

funfair xcoaster
またもやうーちゃんが身長制限でひっかかったので、アヒルとうーちゃんがお留守番
あーいー組&私が乗り込んだのは、Xコースターという、
遊園地にあるコーヒーカップみたいな乗り物で、ジェットコースターコースを
くるくる回りながら突っ走る、というもの。
いやぁおっかなかったぁ! 
くるくる回りながら急カーブをグルッって、放り出されるかと思いましたわ。
端から、あーちゃん、いーちゃん、私 の順に座ったのですが、
あーちゃん、叫ぶも声があまり出ない
私 大絶叫 
いーちゃん 平然
降車後、「ママが ギャーーーー こーーわーーーいーーーーっ!と叫んでた」と
留守番組にリークされました。
いーちゃんは「両隣がうるさくて耳が痛い」などとのたまうし。

funfair airplane
やっとこさいーちゃんが乗れたのは飛行機
アヒルはこの後、酔ってました。こういう回る系は要注意ですね

funfair buranko
これはあーいーうー3人で乗って大喜びしてましたが、
私はこの前、読売ランドで乗って酔ったから、もう乗りません。
よみうりランドではヤツラ、3回乗ってましたがね。


funfair buranko ashimoto
乗客の足元に注目。
サンダル客は、サンダルを脱ぐよう促されます。


乗らなかったけれど、フライングカーペットとか、ものすごく怖そうなクルクル回るやつ(何?)などもありました。あまり期待しないで行ったけれど、結構楽しめました。

ハイカラ新メニュー

またまたハイカラカフェ行ってきました。
新メニューが加わってました。
ランチメニューに加わっていたのは


haikara misokatsu 味噌カツ
どうよこのトロ~ンとした目玉焼き。
名古屋はわりとしっかりした味付けなのでしょうか。
ちょっと甘かったので、好き嫌いが分かれるかもしれませんね。
ご飯やキャベツと一緒に食べるとおいしかったです。

あと、サーブされたらすぐにがっついた為、写真は無いのですが、
あんかけスパ   (だったっけ?)
もありまして、たいそうおいしうございました。
胡椒がきいててよろしかったです。


後で撮影を、と思っていたら売り切れちゃって画像はありませんが
プチ・モンブラン
も、栗好きさんにはたまらないと思われます。
ほかには
haikara banana rollバナナロール

haikara moca rollモカロール
デザート類の中では、私は個人的にこれが一番好きです。
甘さ控えめでぺろりといけちゃいます。

パンは、レーズンパン も加わってました。
食パンにレーズンが散らばっているアレですが、年配の女性が二人連れが
「○○さんがレーズンパンがおいしい!って言っていたから私これ買うわ!」
と語っていらしたので、私も釣られてそれを買って帰りました。
口コミパワーってすごいですね。
パンがフワフワ。レーズンふっくらしっとりで、
そんじょそこらのレーズンパンとは違いました。

haikara mayopan明太マヨパンとマヨパン
どうやらうちの三人娘たちは、甘いパンよりしょっぱいパン系がお好きなようで
明太マヨパンにすっぽりはまってます。
また買って来いと言われてますので、次回訪問時にも買わせていただきます!>ハイカラさん

Haikara Style Cafe
E-Tiara GF, Jln SS16/1, Subang Jaya
Tel 03-5630 0743
月曜定休

珍答

最近は学年末試験の季節らしいですが、
うちのいーちゃんがまたやってくれました。

「スランゴー州の州都は?」の問いに

     (答えは当然シャーアラム)






「クラン」

と答えたらしいです。
友達にも笑われたらしいですが、母親にも大笑いされました。

プタリンジャヤとかスバンジャヤと書くならともかく
クランと書くか?クランと。
i chan wiz juice

観光立国を目指すならまずはこの2つをいいかげんどうにかしてほしい

シンガポールの何がいいって、トイレタクシー
トイレ、普通にきれいですよねぇぇ。
タクシーも乗車拒否は無かったし、英語通じるし、間違いなくメーター使うし、
レシートはきちんとくれるし。

で、そのシンガポールから戻ってきて何が疲れたって、到着後。
Avenue K前で降車後、KLCC側に渡ってタクシーを捜します。

私「Times Square」
タクシー1 「15リンギ」
私「ありえない。Tak nak lah。」 バシャンッ ←閉扉音

私「Times Square」
タクシー2 「20リンギ」
私「ありえない。Tak nak lah。」 バシャンッ ←閉扉音

私「Times Square」
タクシー3 「25リンギ」
私「ありえない。Tak nak lah。」 バシャンッ ←閉扉音


おまえらつるんでる? 私を試してる?


結局、4台目にまだ若そうなマレーの兄ちゃんが
「5リンギ」
という妥当な値段を提示したのでそれに乗って会社に行きました。
っちゅうかだなぁ、メーターを使えメーターを。



second link
たかだか1kmだか2kmだかの水道を越えるだけでこの違い。
どうにかならないもんだか。
(右にかろうじて写っているのはセカンドリンク)

大都会だ

お仕事でシンガポールに来ました。いやはや都会だね。
在外アジア各国の支店の方々と意見交換など(って書くと仕事っぽい?)
雑談も意見交換なんだけど。
今、シンガポール初めて組が、世界三大がっかりスポットのひとつ、
マーライオンを見に行ってます。
あたくしはスタバに参りました。
ワイヤレスネットワークへの接続はクアラルンプールの方が登録がない分簡単です。遅いけど。
明日、マレーシアに戻ります。
朝のバスで戻って午後から仕事。ふえぇ

カンポンホームステイ4

夜、別にすることもなく早々と床に就いた私は、これまた珍しく、日の出とともに起き上がりました。
(日の出とともにってのはオーバーだけど)
h stay hinode ♪あた~らし~い~あっさが来た、きぼ~おの~あ~さ~が♪

さて、家の周りを散歩でもしましょう。とおりから見るとこんな家に泊まってました。
h stay bougenville
手入れの行き届いたブーゲンビリア。
ココナツとか、全然珍しくなくて写真さえ撮らなかった。

裏に回ると


h stay ayam
一応囲ってはあるものの広々としたところで駆け回るニワトリ。それを見て舌なめずりするアヒル。


h stay kacan panjangカチャンパンジャン(ロングビーン)栽培中。


h stay urano ike
巨大水溜りと思ったら、ここは淡水魚の養殖場でした。って書くとかっこいいけれど、昨夜の夕食はここで釣られたもの。

h stay tsuri 釣る人々 うーちゃん&アヒルさんチームと、当主&あーちゃんいーちゃんダミア(義妹その2のすっげーうるさい娘)


どうよこのプリミティブな釣竿h stay tsurizao


u tsureta わ~い! 釣れた!







っとポーズとってるけど、一瞬前はこんな(笑) h stay u sakananibibiru ビビルわなそりゃ。

あーちゃんも釣ったよ! a tsureta


当主様いーちゃんとダミアにも釣っていただいてありがとうございました。
h stay i damia tsuri

h stay i damia tsuri2  当主カメラ目線。すみません勝手にブログにアップさせていただきます。



カンポンホームステイ3

カンポンホームステイの話、終わってなかったんだったわ。

いやはやだだっ広い家でした。
まず、玄関を開けるとこんな空間。
h stay iriguchi


奥にもうひとつだだっ広い空間。夕食はここでとりました。
h stay dining
えぇ当然、床に大きな布広げて、そこに皿並べて食べます。床に座って。
この広い部屋の両脇に個室が3つか4つ、並んでました。
写真の奥に見えるのは広い台所。
これって商業ベースのホームステイに使えるなどと真剣に考えましたね。
トイレ、マンディ(水浴)は個室についていたり、裏の台所から 離れ にわたって用を足したり、です。
夜の離れのトイレってなかなかスリリングですわ。何度コザルsにつきあわされたことか。


壁の上部には空気を逃がすところがついていて(蚊も入るけれど)、扇風機だけで十分に涼しいです。
というか、早朝など肌寒いです。
h stay genkan
h stay kabe joubu



夕食後に玄関先のポーチで涼むアヒルとあーちゃん。ahiru n a

夜、当主の次男の2歳のバースデーケーキを切りました。
知らなかったよ。こんだけ大勢手ぶらでやってきたってのがどうもなぁ。
h stay bday cake

誕生日プレゼント

誕生日はまだまだ先なのですが、帰宅したらノートブックの上にプレゼントが置いてありました。
まずはあーちゃんから。

a birthday msg
PMR(中3の全国統一試験)のため、他の学年は休みに入り、あーちゃんに余力があったらしい。
学校から帰宅後、プレゼントを買いに行ってくれたみたいです。うれしいじゃないですか。
しかも、いつの間にか英語も上手に書けるようになっていて母ちゃんはびっくりだよ。
些細な文法エラーはこの際気にしない。

a giftあーちゃんからのプレゼント。髪をとめるピンとメモスタンド。


いーちゃんはカードがお手製
i msgチマチマと描いた絵がかわいい。いすを向かいにおいて足を伸ばしているお行儀悪いドンキーが私らしいのですが、私ってロバ? ガーン。でもいいや。タテガミまで描いてかわいいし。プレゼントをくれている黄色いのはいーちゃんでプーさんらしいです。確かに彼女はプーさんキャラだけど。

i giftプーさんのメモパッドをくれました。


学年が下がると財力も下がるのは世の常。
u gift A4の紙をクタッと折りたたんだものがうーちゃんから。

u katatatakiken
A4サイズの紙、左上に一行、書きなぐられた汚い字。

u katatataki「肩たたき券」
これって何回分? と聞いたら、1回分だそうで。でかいのに。
あぁ母ちゃんはうれしいよ。
顔がニコニコしちゃうね。


この「肩たたき券」はアニメの「ちびまるこちゃん」からアイディアを得たそうです。

カンポンホームステイ2

場所はジョホール州のTenggarohという場所で、FELDAの中にあります。FELDAってのは政府主導の開拓地という理解でまぁ間違っていないと思います。
到着はすでに夕刻だったので、お茶してしばらくしたら夕飯が。夕飯も画像はありませんが、タラピア(魚)の料理など。オバちゃんが
「この魚は凍ったヤツではない」
というのでどういうことかと思ったら、裏の池でさっき釣ったやつなので、冷凍されて運ばれた魚とは違う、という意味でございました。タラピアの臭みも無く新鮮で美味しうございました。こんなカンポンステイなら何度でも来ようではないか。


と思いました。




が。




このだだっ広い家には5匹の猫(&裏には生まれたばかりの4匹の子猫)が徘徊してまして、まぁかわいいんですけどね、
white cat白猫。毛並みがきれい。
dekaneko デカ猫。
neko ga ippai 向かって右側はトペン(マスク)という名の猫。目にマスクをかけているみたいでしょ。


私の鼻の粘膜が反応しましてくしゃみは止まらんわ、鼻はグジョグジョになるは目はかゆいわ涙は出るわで、やっぱり何度も来られないことが判明しました。←動物と同居できない人。ウサギは外飼いなのでOK


私からしたら信じられないことをしているメイドさん
neko to maid san

カンポンホームステイだぁ!

っていうか、一応、親戚の家だからホームステイとは言わないのでしょうが、趣がホームステイでした。
ちなみに親戚と言うのはアヒルのいとこ。だが、血は一滴もつながっていません。義母のステップファーザーの前妻の子供の子供の家。って、この文をれ読んで理解できる人の読解力は高く評価されることでしょう。そういう人がいらしたらぜひお申し出てくださいませ。

JB(ジョホールバル)からメルシン(ティオマン行きのフェリーが出ている所)へ向かって車を走らせます。もう周りは油やしのプランテーションばかり。道端ではサルが何かを食らってます。平原があったと思ったら水牛がいたり、牛に注意、の黄色い看板を何箇所も見ました。2箇所ほど 「象に注意」ってな黄色いサインボード見ましたけど、象に注意ったって、実際に象が出てきたらどうすればいいんでしょう?

日本軍が造った要塞ってのも何箇所も見ました。アヒルがそう言っていますが本当に日本軍作なのかどうかは不明です。イギリス軍かもしれないし、反コミュニスト時代の産物かもしれないし。
まぁそういう歴史の遺物はきちんと保存してほしいですね。落書きされてましたけど。
fort jupon

fort 2


いつものことではありますが、出発予定時刻は2時。実際に出たのは4時過ぎ。いいんです別にいつものことですから。別に私の親戚を訪れるわけでもないし。で、お腹がすいたとかで(どんだけ食べるんだよっ?)途中マックに寄ったりしてJBを発ったのは5時過ぎ。道中の渋滞があったりして到着はすでに7時ごろ。
到着後は裏で採れたというUbi Kayu(ヤム芋の一種? 甘くなくておいしいです)を茹でたものが、サンバル・チリパディとともに出されて早速がっつく軍団。だからどれだけ食べるんだか。
ubi kayuUbiの木。葉も茹でて食べられます。

ちなみに、サンバルチリパディのチリパディ(鷹のつめ)も裏で採れたもの。チリの香りが違うよなぁ。

チリの木。翌日、私と義妹その2によって丸裸にされました。cili padi

墓地でさまよう人

どうもSelamat Hari Rayaです。疲れました。ぜんぜんめでたい気分、無いです。普通に会社に行きたいです。(会社行くと休みたいって言うんですけど) 断食月は慢性寝不足だし、最終週は大仕事で天に召されなかったのが不思議なくらいだし、休みに入ったら「もう1ラウンド、修旅の添乗したほうが楽かも」とまじめに思ったし。

で、ハリラヤ初日。男性はハリラヤのお祈りってのにモスクに行くのですが、その後、アヒルが一人で墓参りに行きました。
何度も鳴る義妹その2の携帯。
そのたびに義母の墓の場所を説明する義妹その2
やはり繰り返し鳴る義妹その2の携帯。
墓地番号は義妹その1の携帯のメモリーの中だけど、その携帯が壊れて墓番号がやはりわからない、という義妹その2
なにやら電話の向こうで怒っているアヒル。


だから、なんどもブログでアドバイスさせたいただいてますが、

墓番号くらいどこかに控えておきましょうよ、墓番号くらい。

ま、さんざここで書いたところで、関係者は誰も読んでませんが




で、結局、自分の母親の墓が見つからなかった、と言って戻ってきて、翌々日にお礼参り(?)に出てました。だから、どこかに書き留めろと言うているに。

ダジャレ図鑑

今日の遺言 from 北斗の拳

みんなはどこから?

プロフィール

マツムラ○

Author:マツムラ○
マレーシアに住んでン年のOL(?)。

同居人;-
夫 アヒルさん
子供は女の子ばかりで上から
 あーちゃん
 いーちゃん
 うーちゃん
飼い兎 ポチ ←過日、他界しました。裏庭に埋められてます。
2代目 チョコボ ←10年8月にやって参りました。

ひとりごと
最近の記事
最近のコメント
お手紙はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
日田んもん点取り占い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。